Archive of ‘郡上縁つなぎ’ category

ITで郡上ファンの繋がりをつくる!

HUB GUJOはこれから「郡上縁つなぎプロジェクト」に関わることになりました。11月8日には、運用担当者向けの説明会が行われたのでその模様をお伝えします。この記事をもって初めてのお披露目となるこのプロジェクトは、特に市内でイベントを主催している人、していきたい人にはぜひ、お見知りおきいただきたいものとなっています。
※本格運用は来年度からの予定です。

◆「郡上縁つなぎプロジェクト」とは?
簡単にいうと、これからも郡上と「より深い関わり」を持ってくださる人を見出し、継続的にお知らせを送れる状態をつくりだすためのものです。そのために、郡上ファンに向けたイベント発信・集客・参加者管理の仕組みをつくり、運用していきます。

郡上市は、郡上踊りやウィンタースポーツなどの観光資源があるほか、各地域のお祭りや季節行事、様々な主体によるイベントなど、年間を通じて人を呼ぶことができるコンテンツがたくさんあります。

その効果もあり、最近は単発で観光に来られるだけではなく、郡上を好きになり、郡上に何度も通ってくださったり、更には仕事の用事で来られたりなど、「より深い関わり」を持ってくださる人たちが増えてきています。
 
将来的な移住人口を増やし、町の継続的な活性化に繋げていきたい郡上市としては、とても嬉しい流れです。

しかし、ほとんどのイベントが主催者独自での情報発信、集客、参加者管理を行っているため、郡上市と「より深い関わり」をもとうとしている人が誰なのかが見えてきません。また、主催団体間で相互送客が行われないために、リピーター獲得の機会を逃すなど、この流れを活かしきれていないのが現状です。
 
これらの課題を解決し、一人ひとりの関心に沿った郡上への新しい”入口”を随時お知らせしていく事で、一度郡上に来てくれた人と繋がりを持ち続けることを手助けするのが「郡上縁つなぎプロジェクト」であります。

◆プロジェクトをささえる三本柱
この日は、このプロジェクトの運用担当者(命名:郡上縁つなぎサポーター!)に向けたレクチャーが行われました。電通デジタルより3名をお迎えし、プロジェクトの詳細説明や運用に使用するシステムの使い方などのご指導をしていただきました。

郡上にくる人とイベント主催者が、またイベント主催者同士がどんどん混じり合う環境をつくるべく、サポーターは主に3つの仕事に携わることになります。(かっこ内はシステム名)
①参加者の申し込み管理(Google Form)
②イベント情報の発信 (Facebook)
③参加者の管理、メール配信 (salesforce)

サポーターのお二人、HUB GUJOのスタッフ共々、本格的に使ったことのないツールを用いての業務になります。顧客管理を行うsalesforce(セールスフォース)は一般的には聞きなれないものですが、最近では美容院などの予約の際にも使用されている便利なシステムです。

それぞれに易しいマニュアルを準備していただき、丁寧に教えていただきました。
 
◆プロジェクトがお役に立てる場面
少し難しい話に聞こえたかもしれませんが、具体的には、以下のようなことを行っていきます。イベントをするときに、このように困ったことはございませんか?
 
「イベントを実施したいけれど、告知の仕方がわからない」
主催者から送られてきたイベント内容をもとに、サポーターがFacebookのイベントページを立ち上げます。告知用の画像も、内容に合わせて作成します。

「予約の受付方法がわからない」
サポーターが予約フォームを作成いたします。イベントの概要、定員や参加条件などの基本事項に加え、アレルギーの有無など、その他受付に必要な項目があれば付け加えることもできます。

「いつも人伝てにしか集客できていないので、もう少しいろんな人に知ってもらいたい」
立ち上げたイベントページを、サポーターがFacebookグループに投稿、周知します。このFacebookグループは7年以上も運用されている既存のグループで、大勢の郡上ファンや市民によってが日々情報の交流がなされています。

「より自分たちのイベントにきてくれそうな人に案内を届けたい」
予約受付の際には参加者の関心分野を含む情報を取得し、事務局で一元管理します。新しいイベントを企画される際には、数多くのイベントから取得されたデータを用いてそれぞれの趣旨ごとに参加確度の高い参加者を導きだし、個別メールで案内することができます。

◆ 最後に
少しはイメージが湧いてきたでしょうか?このようなサポートをぜひ活用して、郡上ファンに響くイベントを企画してみてください。これからも楽しく、充実した時間が郡上市でたくさん生まれてくると幸いです!

最後になりますが、電通デジタルの加形さんの言葉をご紹介します。
「人との繋がりは本来、人と人の間で作られるもので、実際には多くの人がされていることと思います。でも、できる人は、実際はものすごく忙しい。それをITの力を使ってお手伝いできないかなと思っています。」

これから始まる「郡上縁つなぎプロジェクト」をどうぞよろしくお願いいたします!

(文・写真 田中佳奈)